ヨシモトフラワーデリバリーへようこそ
ヨシモトフラワーデリバリーへようこそ

私たちは、皆さまの暮らしにちょっとした安らぎや優しさをお届けできたらと、お花をより近くに感じることができるように事業を営んでまいりました。

 

お花に触れ合うことが、今よりもっと気軽に身近に感じることができるように。

カジュアルフラワーという形で、大手スーパーなどで購入できるように力を注いでおります。

 

皆さまの日常の彩りになりますことを祈っています。

今月のお花

デルフィニウム

デルフィニウム
デルフィニウム

 ◎デルフィニウム

 

キンポウゲ科デルフィニウム属 

ヨーロッパ、北アメリカ、アジア、熱帯アフリカ山地等 原産

  

学名=Delphinium

 

Delphiniumは、ツボミの形がイルカに似ていることから(ドルフィン=ギリシャ語でdelphin)からついた

 

名前だそうです。

 

デルフィニウムといえばまず美しいブルーを思いつきますが、花色は他にも白、紫、ピンクとバラエティ豊

 

富。品種も、原産地の広範囲なこともあり、約250もの種があるそうです。

 

日本に入って来たのは明治初期。別名「飛燕草」、デルフィニウムの一種・ラークスパーは「大飛燕草」

 

「千鳥草」などとも呼ばれました。

 

竹久夢二の絵に登場する様な女性たちが、花瓶に活けてうっとりと眺めていたのかもしれませんね…。

 

切花としてとても人気があり、多くの園芸品種が栽培されていますが、実はデルフィニウムは日本の夏が

 

苦手なのです。なんといっても寒冷地・山岳地帯生まれですから、高温多湿に弱いんですって。

 

本来多年草で、日本でも涼しい寒冷地では毎年花を咲かせますが、平地ではどうしても枯れてしまいます。

 

でも大丈夫。そんな条件でも楽しみたい場合は、秋まきの一年草!と割り切って育てればいいのです。

 

風通し・日当り・水はけの良い場所に置き、78月には半日蔭に移動させるか日除けをします。

 

西日の当たる場所も避けた方がよいようです。地植えの場合は地温の上昇を抑えるため敷き藁などの対策

 

が必要です。水は土の表面が乾いたらたっぷりやります。

 

傷みやすい花なので、花、葉や茎にかからないように注意して下さいね。

 

また、ナメクジ(!)やヨトウムシは葉や茎を食害します。(見つけたら勇気を出して退治して下さい)

 

特にヨトウムシは夜行性で昼間は土中に隠れているので、虫の姿が見えないのに食害にあっていたら、株元

 

を軽く掘ると隠れていることがあるそうです。

 

…なかなか手のかかる花ですが、透明感ある淡い、または濃いブルーの繊細な花姿を見ていると、少しの間

 

むしむしする暑さを忘れられる気がしませんか?

 

忙しくて手間のかかる花って無理!という向きの方でも、花屋さんでデルフィニウムの花束を買って、お部

 

屋に飾って、シャワー浴びて、浴衣を引っ張り出して着て、好きな音楽を聴きながらソーダ水など飲んで…

 

そんな「自分にご褒美」もたまにはいいでしょう?

 

(私はつめたーいビールか白ワインですけどね♪)

お知らせ

  • 2013年  8月 9日
    ホームページを開設しました。
    旬なお花の情報などお届けできればと考えております。
    どうぞよろしくお願い致します。

お問合わせ

TEL  042-587-3878

FAX  042-587-3871

ホームページからのお問合わせはこちらから

営業時間のお知らせ

本社/花束加工センター

平日  9時~17時

土曜日 9時~17時

定休日 日曜日